お肌に良い食べ物で美肌をめざす

MENU

皮膚は、4週間を周期に、古い細胞から新しい細胞に生まれ変わります。

 

 

 

皮膚いわゆる肌ですね。

 

この新陳代謝を円滑にするには、(タンパク質、ビタミンA.B群.E)

 

 

 

皮膚の抵抗力を高め、シミ・ソバカスが出来るのを予防する(ビタミンC)

 

 

 

血色を良くする

 

(鉄)です。

 

 

 

タンパク質の代謝を促進する

 

(ビタミンB2、B6、パントテン酸、レシチン)を積極的にとる事も大切です。

 

ビタミンB2は皮脂の分泌も、コントロールします。

 

美肌に良い食べ物

 

・ビタミンC(肌にはりをもたせて、メラニン色素の生成を防ぐ)
食品→イチゴなどの果物類、ブロッコリー、菜の花、柿、芽キャベツ、青菜、ピーマン、カボチャ、サツマイモ、あしたば、レンコン、キャベツです。

 

・ビタミンB2(細胞の再生に働く美容ビタミン)
食品→レバー類、魚介類、牛乳です。

 

・ビタミンB6(タンパク質、脂質の代謝を促進)
食品→青魚、牛レバーです。

 

・B-カロテン(肌や髪の健康を保つ)

 

B-カロテンは、人参やカボチャなど、緑黄色野菜に含まれる色素の一種で、体内に入ると必要な分だけが、ビタミンAに変わります。

 

ビタミンAは、目・髪・肌などを健やかに保つ働きをするビタミン。
不足すると、肌や髪はカサつき、目は、潤いが、無くなります。肌に、良い食べ物を意識して、食べても、睡眠不足だったりストレスが多い人は、沢山食べないと、お肌に、影響してきます。
睡眠は、24時前に寝るのが良いです。
お肌にも、後は疲れも取れます。

 

後は、水分を沢山取りましょう。

 

便秘も、お肌の大敵です。

 

美味しく食べて、きれいな美肌を目指しましょう。